ボトックスの継続効果|ボトックスで綺麗になろう【小顔治療が効果的】

ボトックスで綺麗になろう【小顔治療が効果的】

ボトックスの継続効果

注射

個別に悩みを解消

ボトックスは筋肉の動きを抑えるタンパク質を注入することによって、皺を目立たなくさせたり、頬や顎の筋肉の発達により張り出してしまったフェイスラインをスッキリ見せたりすることができる施術方法です。一時的にボトックス効果によって悩みを解消しているため、ボトックス成分がなくなってしまうと、再び元の状態に戻りますので定期的にボトックス注射を行わなければなりません。色々な箇所にボトックスを行うことが出来るため、皺を解消する以外にもエラやふくらはぎを細く見せるために使用したりすることが出来るでしょう。実際に効果が出始めるのは注入する部位によって多少違いがありますが、注入後2日から3日ぐらいまでに現れ、2週間ぐらいで安定し始めます。注入するのが初めてだという場合は早く効果が出やすい傾向がありますが、何度も繰り返し行っていると、効果が実感できるまでに時間がかかります。筋肉の発達した部分でもあるエラやふくらはぎに注入した場合は、見た目の効果を感じるまでに、筋肉が痩せていく時間も必要であるため1ヶ月以上は必要になります。ボトックス効果はだいたい3か月から4ヶ月は継続し、筋肉が発達した部分でもあるエラやふくらはぎの場合はボトックス成分が消えた後も、筋肉が弱くなっているため、結果的に効果は4ヶ月から6か月は継続します。ボトックス効果は一時的なものですが、成分がなくなる前に続けて注入し続けることによってボトックス効果を継続させていくことが可能になります。注入回数が多くなるほど持続期間が長くなるのには、筋肉を動かさない状態を作り出すことによって、筋肉の力は弱くなりその状態が普通になってしまうからです。ボトックス注射を実際に行う場合は、美容外科などでカウンセリングを最初に行い、どの程度の量を注入するのか、注入する場所はどこにするのかを最初にしっかり決めておきます。施術当日は、痛みが苦手な方は麻酔クリームを患部に塗っておくと、痛みを緩和させていくことができますので、最初に麻酔をすることを依頼しておくとよいでしょう。ボトックスを注入する部位や数にもよりますが、施術時間は10分程度です。ボトックス注射は細い針を使用して注入していくため、痕はほとんど残る心配はありません。顔にボトックス注射を行っても施術時間は10分程度で注射後、何も問題がなければすぐに帰ることが出来ます。顔に注射を打った後も、メイク可能ですので通常通りそのまま過ごすことができるでしょう。ボトックス注射を打った後は、肌に赤みが出やすいですので、患部を冷やすと赤みを抑えることが出来るでしょう。また顔にボトックス注射をする場合は、念のためにマスクを持っていくとよいでしょう。赤くなってしまった場合はマスクで隠すことが可能です。ボトックス効果は術後にすぐ現れることはないので、数日様子を見るとよいでしょう。ボトックス効果は表情筋の動きが原因で出来てしまう目尻や眉間、額の皺や、エラの筋肉が過剰に発達してしまったエラ張り、太いふくらはぎや口周りの皺などに効果があります。ボトックス効果については医師の技量や経験によって異なり、特に注入量、どこに注入するかは様子を見ながら判断しなければならないこともあります。施術を成功させるためにも、実績経験数の多い美容整形外科で行うようにしましょう。