ボトックスで綺麗になろう【小顔治療が効果的】

筋肉運動の抑制が基本

看護師

表情に関する悩みにも

切開や骨を削ることなく、注射を打つだけで小顔になれることから、利用者も増えているのがボトックス治療です。一般的に顔が大きくなる原因は、エラ骨の張り出しや脂肪の蓄積、それに咀嚼筋の成長などがあります。原因が骨格にあれば骨に手を加えるしかないのですが、咀嚼筋に原因があるのなら、ボトックスの小顔治療が効果的です。すなわち骨格に問題はなく、肥大したエラの筋肉が顔を大きく見せている状況なら、骨削りよりも小顔効果を望めるのが基本となっています。それはボトックスが筋肉運動の抑制作用を持っているためで、注射を受けた咀嚼筋は力が弱まり、筋肉をスリムダウンさせるのが基本プロセスです。このため咀嚼筋がボリューミーであればあるほど、ボトックスによる小顔効果が出やすくなります。一方、ボトックス治療は注射しか行わない施術ですから、骨を削る治療のように全身麻酔も必要ありません。メスの類を使わないので身体への負担が非常に小さく、治療が終われば入院不要でメイクを直して帰れます。数ある小顔治療の中でもダウンタイムの少なさはトップクラスとなっており、翌日の出勤や通学にも殆ど影響しません。数少ない懸念材料には内出血もありますが、これは注射針がたまたま血管に接触して起こる症状です。ですから治療で使う注射針が細ければ、それだけ内出血の発生を抑えやすくなります。注射針の細さは内出血をできるだけ避けたい時の豆知識になるほか、痛みの軽減にも寄与しますから、施術先を探す際に考慮しておくと良いかもしれません。嬉しい時や朗らかに人と話している時は自然と笑顔になりますが、意外にも笑顔に関して、悩みを抱えている方が少なくありません。特に笑いジワは深く刻まれれば普段の表情でも目立つようになり、老けて見えるなど、見た目の印象に直結する悩みです。しかしながらこの場合もボトックスが効果的ですので、眉間やおでこの横ジワなども含め、表情ジワでお悩みなら検討してみる価値があります。筋肉運動を抑制するボトックス治療なら、無意識に動いてしまう表情筋の伸縮を抑えられるため、人前でも気にせず笑えるようになるのが魅力です。そのほか、笑うと歯茎が丸見えになるガニースマイルで悩まれる方も多いのですが、これもボトックス治療が効果的とされています。とりわけ上唇を持ち上げる筋肉が発達している状態なら、大きな改善効果を期待できます。上唇の上下運動は主に上唇挙筋群によって行われており、そこへ注射することで筋力を弱め、上唇の過度なめくり上がりを抑えてくれるのです。一方、口の両端がへの字に下がり、常時不機嫌そうな表情でお困りの場合でも、ボトックスの注射が有効となっています。この治療では口角を下げる筋肉へ注入し、その効力を弱め、相対的に口角を持ち上げる筋力を優勢にして改善するのが一般的です。ほんのわずかな違いでも口元の雰囲気が変われば人に与える印象は変わりますから、この悩みでお困りの際も、ボトックス治療の有用性を知っておくと良いでしょう。いずれの施術も注射器1つで終わりますので、利用目的に関わらず手軽に受けられるのが、この美容治療の大きな魅力です。